選手募集中です!

小豆沢エーは、板橋区小豆沢及び近隣の児童が、低学年から高学年まで元気いっぱい楽しく頑張っている学童軟式野球チームです。

<小豆沢エース主な成績(Aクラス)>
2008年度
板橋区城北少年球友会春季大会三位 東京都城北少年野球協会春季大会三位 板橋区軟式野球連盟選抜大会準優勝& 都大会出場 板橋区城北少年球友会秋季大会優勝&ヤクルトスワローズ杯出場 準優勝

2009年度
板橋区軟式野球連盟春季大会三位 板橋区軟式野球連盟選抜大会三位 志村少年軟式野球連盟秋季大会準優勝
板橋区軟式野球連盟年間勝率三位表彰

2010年度
坂上大会優勝 板橋区軟式野球連盟区民大会 ベスト8

2011年度
板橋区親善大会予選 坂上大会優勝
志村少年軟式野球連盟 秋季大会 ベスト8
板橋区少年野球連盟 秋季大会 ベスト8
板橋区軟式野球連盟 区民大会 三位

2012年度
志村少年野球連盟 秋季大会 特別試合会長賞
東京都城北少年野球協会 秋季大会 ベスト8 

2015年度
中台大会 春季大会 準優勝
中台大会 秋季大会 三位
板橋区軟式野球連盟 区民大会 三位
志村少年軟式野球連盟 秋季大会 三位



----選手募集中です!-----

コーチ会事務局までお気軽にメールしてください。

お問い合わせはこちらazusawa.ace@gmail.com






2010年8月30日月曜日

板橋区軟式野球連盟 新人戦大会3回戦

平成22年8月29日(日) 戸田F面
小豆沢エース   1 1 0 0 0 0  2
宮元ヤンガース 1 0 1 0 1 ×  3

新人戦3回戦の相手は、宮元ヤンガースさんです。
1回表のエースの攻撃は、1番T岡君がセンター前ヒットで出塁。
その後1死3塁となったところで、3番K崎君が新人戦で2回目のスクイズを落ち着いて決め、1点先制。
先発は連投となる、エースN澤君でした。1番打者に四球を与え、盗塁で3塁。三振、ファーストフライで二死まで踏ん張りますが、4番打者にレフト前ヒットを打たれ、同点に追いつかれます。

2回表、5番N妻君が内野への幸運なあたりで出塁。パスボール、盗塁で3塁にすすみ、6番K野君のセンターへのクリーンヒットで1点勝ち越し。7番A井君もライト方向へヒット性のあたりを放ちますが、ランナーの判断ミスもありセカンドでフォースアウト。続く8番・9番もたおれ、この回は1点止まりでした。
2回裏はピッチャーゴロ2つに三振で、三者凡退。
3回表、一死から2番S藤君がセンター前ヒットで出塁。盗塁で2塁へ。二死後、4番N井君はライトへ強いあたりを放ちますが、相手ライトの選手の好捕にはばまれ、追加点ならず。
3回裏、一死後、内野安打のランナーが盗塁で2塁へ。
三盗を試みますが、キャッチャーS藤君から、サードT岡君へノーバウンド返球で、三盗を阻止します。しかし、二死後、四球のランナーを2塁におき、ショートの内野安打で同点に追いつかれます。

4回表、5番N妻君、6番K野君ともライトまで運びますが、いずれもライトの選手の好捕にはばまれます。
4回裏、四球や内野安打でランナーを出しますが、N澤君は3つのアウトをすべて三振でとり、緊迫した展開が続きます。
5回表、二死から、1番T岡君がレフト前のクリーンヒットで出塁。盗塁で3塁まですすみますが、あと1本がでず。
5回裏、死球でランナーを出し、一死後、セカンド近辺へのフライを内野手がお見合いしてしまい、2・3塁のピンチ。
続く4番の難しいピッチャーフライをN澤君が好捕して二死までこぎつけます。しかし、ここで5番打者にライト前ヒットを打たれ、痛恨の3点目を失います。

最終回の6回表、二人たおれてツーアウト。ここから最後のねばりを見せます。5番N妻君が四球で出塁。代打で新人戦初出場となるC葉君が、執念でサードへのヒット。A井君も四球で二死満塁。この試合、最大の盛り上がりをむかえます。しかし、最後の打者がピッチャーゴロにたおれ、ゲームセット。おしくも2対3での敗戦でした。
試合終了後、たくさんの選手達の目から、大粒の涙があふれていました。応援してくださった父母の皆さんも、感極まって、泣いていらっしゃいました。
宮元ヤンガースさんは、バッテリーのすばらしさに加え、再三好捕を見せた、ライトの選手など、堅い守りで板橋区ベスト8にふさわしい、好チームでした。今後の健闘をお祈りします。ありがとうございました。

本日の試合をもちまして、1か月半にわたった新人戦チームの活動は、一区切りとなります。短い間でしたが、Aチーム5年生4名、Bチーム5年生6名、4年生7名、お互いが刺激し合い、切磋琢磨して、目に見えてレベルアップすることができました。この間の練習・試合、そして本日の悔しさは、秋の大会、そして来年以降に、必ず生きてくると思います。
新人戦の活動におきましては、父母の皆さんの熱のこもった応援・サポート、チームスタッフの指導、そしてAチーム、Cチームの選手の応援と、小豆沢エースがまさに一体となった活動ができました。本当にありがとうございました。
この大会の経験、チームの団結力で、今後の秋の大会において、Aチーム、Bチーム、Cチーム、それぞれが、活躍できると確信しています。がんばっていきましょう。(AA)

2010年8月29日日曜日

板橋区軟式野球連盟 新人戦大会2回戦

平成22年8月28日(土) 戸田F面
小豆沢エース   0 8 0 3  11
赤塚アントラーズ 1 0 3 0   4

新人戦2回戦の相手は、赤塚アントラーズさんです。
午前中とは思えない猛暑の中、10時半に試合開始。

1回表のエースの攻撃は、三振、内野ゴロ、三振と、三者凡退でした。先発はエースN澤君。
先頭打者はショートの頭を越えるヒットで出塁を許し、けん制ミス、盗塁で、いきなり無死三塁のピンチ。
ここでN澤君が踏ん張り、2番、3番を連続三振。しかし、四番打者の2ストライクから、三塁へのけん制が暴投となり、先制点を奪われます。

2回表、一死から四連続四死球同点とします。二死後、満塁のチャンスに、1番M川君の内野安打で2点目。
2番T岡君の振り逃げで3点目。相手バッテリーミスで4点目。この後、4番N井君がセンターへのライナー性の痛烈なあたりの2点タイムリーで6点目。
5番キャプテンN妻君も、三遊間を抜く強いあたりのレフト前ヒットが同じく2点タイムリー。計8得点。一球一球に集中し、二死2ストライクからでも、後続の打者につなげるという全員の気持ちが、ビックイニングをうみました。

2回裏、内野のミスと四球で一死2・3塁のピンチ。ここで、相手9番と1番を三振、ショートゴロでうちとりピンチを切り抜けます。
3回表の攻撃は3つの内野ゴロで三者凡退。
3回裏、相手3番打者のセンター前ヒットに、二死四球で満塁のピンチ。ここで7番打者にショート後方に落ちるヒットを打たれ、2失点。
ただ、レフトK野君のボールに向かうダッシュはチームに力を与えました。その後にバッテリーミスも
あり、3点目の失点。中継ミスなどもあり、いやな流れになる中、8番打者を三振におさえ、なんとか流れを断ち切りました。

4回表は四球、1番M川君のレフトへのヒットで無死1・2塁のチャンス。2番T岡君のバンドがショート前の絶妙な位置に転がり、満塁のチャンス。
3番K崎君のセカンドへのあたりで1点追加。
1死2・3塁で、4番N井君の振り切ったあたりが、相手ショートのミスを誘い、さらに2点追加。
最終回となる4回裏、投球数が80球を超え、疲れの見えるN澤君でしたが、この回はコントロール重視の緩い球で、緩急をつけるピッチングにきりかえます。
この投球に相手バッターのタイミングがあわず、2つの内野ゴロに、最後は2番打者を三振にしとめ、ゲームセット。11対4の勝利です。

N澤君-S藤君のバッテリーは猛暑の中、最後まで強い気持ちで、本当にがんばってくれました。また、出場のなかった選手を含めて、全員一丸となった試合ができました。
赤塚アントラーズさんは主軸に長打力があり、試合中の声、しっかりとしたあいさつなど、見習うべき点が多い、好チームでした。ありがとうございました。

本日も、たくさんの父母の皆さん、チームスタッフに応援していただきました。また1回戦に引き続き、Aチーム6年生も、試合中ずっと声を絶やさず、応援してくれました。
このような応援があり、選手も力を発揮することができました。本当に感謝しています。(AA)

2010年8月24日火曜日

板橋区城北少年球友会 秋季大会1回戦(Aチーム)

平成22年8月22日(日) 戸田B面
仲宿イーグルス  0 3 1 0   4
小豆沢エース   4 5 0 2×  11

秋の大会初戦、板橋区城北球友会1回戦の相手は、仲宿イーグルスさんです。猛暑の中、2時半に試合開始です。

先発は公式戦3ヶ月ぶりの先発となる、キャプテンT田君。
1回表は内野フライに内野ゴロ2つ、三者凡退のスタート。
1回裏は、1番Y岡君が死球で出塁し、盗塁で3塁へすすみ、3番O内君のセカンドへのゴロの際に、好走塁で1点先取。その後、4番T田君のセンター前ヒット、5番Y中君の左中間への3塁打などで、合計4得点です。
2回表は、2つの四球、内野のミス、けん制のミス、レフトへのタイムリーヒットなどで、3失点。その後、ファーストゴロの間に2塁から本塁へむかう相手選手を、N妻君の好返球で本塁タッチアウト。また、キャッチャーY岡君が三盗阻止し、ピンチを切り抜けます。
2回裏は、3つの四死球に、4番T田君の内野安打、5番Y中君のレフト前ヒット、6番A井君のライト前ヒットと3連打で5得点。

3回表は四球とセンター前ヒットで1失点。尚も、1死1塁のピンチに、Y中君、O内君、N妻君が、6-4-3の見事なダブルプレーを完成させ、流れを断ち切りました。
4回表は前の日の新人戦から連投となる、N澤君がリリーフ。
1安打されるも、1三振、2つの内野ゴロで無得点。
4回裏、3番O内君のライト前ヒットに、四球のあと、5番Y中君のこの日3本目となる、レフト前ヒットで1点追加。最後は、6番A井君がスクイズをきめ、7点差となったところで、大会規定により、コールドゲームで試合終了。

仲宿イーグルスさん、ありがとうございました。
暑い中、Bチーム・Cチームの選手、スタッフの応援、父母の皆さんの応援、本当にありがとうございました。
土曜日の新人戦チーム、Cチームに引き続いての勝利で、秋の大会を3連勝でスタートすることができました。
城北球友会2回戦の相手は、高島平イーグルスさんです。
暑い日が続きますが、しっかりと練習・準備をして、がんばりましょう。(AA)

2010年8月22日日曜日

板橋区城北少年球友会 秋季大会1回戦(Cチーム)

平成22年8月21日(土) 戸田B面
大山西町ビーバーズC  1 2 0 1  4
小豆沢エースC      2 0 1 2x  5

板橋区城北球友会秋季大会1回戦 大山西町ビーバーズ戦
エースの後攻でプレイボール。
先発はK村君、公式戦初登板。先頭バッターから見事三振を奪いますが、その後、制球が乱れ、四球・死球・四球といきなり満塁のピンチ!!5番をフルカウントから三振で二死。6番はフルカウントから死球を与え、1点を取られます。7番にもフルカウントと粘られましたが、見事三振に仕留めチェンジ。

1回裏、エースの攻撃は2番Y崎君がフルカウントから5球ファウルで粘り、四球で出塁。四番A津君が右中間を破ります。3塁を回り本塁へ突進しますが、3本間でランダンプレイ。粘りに粘って相手のエラーを誘いホームイン。2点返し逆転します。
2回表、二死後、連続四球を与え押し出しで2点を献上、逆転されたところで投手をY崎君へ交代。公式戦初マウンドながら堂々としたピッチングで次の打者を三振。ピンチを切り抜けました。
2回裏、9番K澤君が四球を選び2盗3盗を成功させましたが、後続が倒れ無得点。
3回表、死球・四球後、盗塁されピンチとなりますが、ここも三振で切り抜けます。
3回裏、時間から見て最後の攻撃。
「まず1点を取り同点に追いつくぞ~~!!」監督の激が飛びます。
先頭打者のY崎君がライト前ヒット、盗塁で3塁まで進み、捕手後逸により本塁へ。同点に追いつきましたが後続が倒れ、同点止まり。
規定により一死満塁から始まる『サドンデス』。
4回表、相手は3番からの好打順。先頭を三振に仕留め二死となりますが、4番に死球を与え1点を失います。続く5番の痛烈な打球がライトへ。ライトには先発したK村君。打球に向かって一直線、見事ダイレクトキャッチでアウト。ピンチを救いました。
4回裏、エースの攻撃。6番S藤君は初球を打ち返しレフトへのヒット!!。3塁ランナーに続き、2塁ランナーもホームイン。劇的なサヨナラ勝利でした。
攻守交替の全力疾走や打者・走者のサイン確認、全員が1球に集中することや声の連係など、春から課題として取り組んできたことが少しずつ出来るようになったと感じました。

大山西町ビーバーズさんのピッチャーはとてもスピードがありました。また、守備も堅くどちらが勝ってもおかしくない、手に汗握る素晴らしい試合ができました。
大山西町ビーバーズさんありがとうございました。
2回戦はさらに厳しい試合が予想されますがチーム一丸、頑張りたいと思います。
父母の皆様、応援ありがとうございました。(AS)

板橋区軟式野球連盟 新人戦大会1回戦

平成22年8月21日(土) 戸田F面
小豆沢エース  0 0 2 2 1  5 
大山キングス  0 0 0 0 0  0

新人戦1回戦の相手は、大山キングスさんです。
先発はエースN澤君。1回・2回は、お互いに四死球などでランナーを出すも、両投手が要所を締めるピッチングで無得点。緊迫した展開が続きます。

3回表、先頭打者1番M川君がライト前ヒットで出塁。四球もあり、無死2・3塁のチャンスに、3番K崎君がスクイズを決めて、1点先取。1死のあと、またも5番N妻君がスクイズを決めて、2点目を追加します。
N澤君はスピードもあり、低めへのコントロールもよく、3回までに7三振を奪う好投をみせます。

4回表、2四球と盗塁で1死2・3塁のチャンスに、2番T岡君がセンターへの2点タイムリーヒット。
貴重な追加点を挙げます。
4回裏、四球とヒットなどで、無死2・3塁のピンチ。
ここでショートゴロをN井君が落ち着いて処理し、1アウト。その間に3塁ランナーが本塁に突入するのを見て、ファーストN妻君から、キャッチャーS藤君へ好返球でダブルプレー。ピンチを切り抜けます。
5回表は代打A木君の内野安打、四球などで、1死2・3塁のチャンス。1番M川君はスクイズ失敗のあと、センター前ヒットで1点追加。
最終回となる5回裏、内野ゴロ2つに、最後の打者を三振におさえ、試合終了。

N澤君-S藤君のバッテリーを中心とした堅い守りに、足を生かした積極的な攻撃で、初戦の勝利を挙げることができました。大山キングスさんは、サードとファーストを中心とした守備は堅く、積極的に攻撃する好チームでした。
大山キングスさん、ありがとうございました。

本日は6時半に集合し、戸田球場へ1番乗りして準備しました。また、8時半試合開始という朝早い試合にもかかわらず、父母の皆さん、チームスタッフ、Aチーム6年生の熱のこもった応援、本当に心強かったです。ありがとうございました。
新人戦2回戦の相手は、赤塚アントラーズさんです。
本日と同様、チーム一丸となって、がんばりましょう。(AA)

2010年8月20日金曜日

合宿 in 富岡

平成22年8月12日(木)
今日から3日間、福島県富岡町で小豆沢エース恒例の夏季合宿が始まります。
渋滞を避けたおかげで、予定よりも早く現地入り。せっかくなので近くのエネルギー館を見学しました。選手たちも自由研究の課題になりそうな展示物などで楽しんでいました。

予定時刻になり、3日間お世話になる合宿所センターへ入所挨拶をし、昼食を取り、身支度をして午後から練習に入りました。
途中、雲行きが怪しくなり雨が振り出しましたが、コーチの方々に熱心に指導していただきました。(父母 TO)
四倉パーキングエリアにて
エネルギー館にて
エネルギー館にて
富岡グラウンドにて

合宿 in 富岡 2日目

平成22年8月13日(金)
さぁ、朝から少し暑さを感じながら近くの海辺までマラソンです。体をほぐして、みんなでスタート。
少し眠そうな選手たちも、壮大な海を見てやっと目覚めたようです。
帰宿後朝食を取り、昼過ぎまでグラウンドで練習に励みました。
広いグラウンドの中、コーチのノック音と指導の声。選手たちの声と、走ったり捕ったり、返球する音が響き渡ります。
昼食後、待ちに待ったみんな.で川遊び。気持ちよく、小高からダイブ!
鮎など小魚の姿もよく見えます。
夕方帰宿し、入浴後バーベキュー。たくさん食べて、コーチと打ち上げ花火を楽しみました。
星が降ってきそうな夜空に色とりどりの花火。明日の天気大丈夫かな。(父母TO)

マラソン前の準備運動
マラソン出発
海辺到着 絶景です
マラソン帰宿
もちろん練習もしっかりやりました
川遊び

合宿 in 富岡 最終日

平成22年8月14日(土)
朝、試合の支度をして合宿センターにお礼挨拶
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本町中央   0 0 0 3 2 0  5
小豆沢エース 12 2 2 0 0 ×  16
3日間の合宿を締めくくる、練習試合です。
毎年練習試合をお願いしている地元チーム、本町中央さんと今年も試合をすることができました。朝から降り続く雨に試合開催が心配されましたが、試合開始の9時過ぎには何とかおさまり、無事にプレイボールです。

先発はキャプテンT田君。3回を投げ、2安打、2四球、4奪三振で無失点。合宿の成果もあり、スピードがのっていて、見事なピッチングでした。
攻撃面は、1回表、Y岡君、S藤君、A馬君、A井君、K石君、T田君、Y中君にそれぞれヒットが出て、四球などもあり、合計12得点。
2回はO内君、K沢君のヒットなどで、2点追加。

3回裏の攻撃から、5年生7名を中心としたチーム編成にシフトチェンジします。
K野君、A井君のヒットなどで、2得点。
 4回から6回はN澤君が登板。6年生主体の1~3回に比べ、内外野に少しずつミスが出ます。ヒットも5本打たれ、5失点。
6回終了後、5年生K崎君がピッチャーとなり、本町中央さんで試合出場のなかった選手十数名に、バッティングをしてもらいました。

試合終了後は両チーム総勢約50名でグランド整備を行い、一緒に記念撮影もできました。
合宿を行った地元チームと対戦する貴重な体験ができました。合宿の最後を飾るにふさわしい、すばらしい練習試合でした。本町中央さんにはたくさんの選手、スタッフ、父兄の皆さんにご参加いただきました。また、選手にアイスの差し入れをいただいたり、バスで球場を後にする際には、全員で見送っていただいたりと、お心遣い、本当にありがとうございました。
合宿3日間で、選手も色々な面で成長できたと思います。
この経験は、秋のシーズンに必ず生きてくると思います。また、合宿運営にあたりご尽力いただいた、チームスタッフ、父母の皆さん、本町中央さん、他関係者の皆さん、本当にありがとうございました。(AA)
試合後、集合写真
リフレ富岡前にて記念写真
帰りのバス車中でジャンケンつかみ取り大会
お疲れさま^^
山の天気はよめません。早朝から小雨です。マラソンをして朝食を済ませ、各自荷物をまどめます。
お世話になった合宿センターに挨拶して、練習試合にグラウンドへ…。

本町中央さんも雨の中試合をしてくれました。
お互いに泥まみれになりつつ頑張りました。両チームの監督、コーチたちの協力でプレーが出来ました。また来年も対戦を宜しくお願いします。ありがとうございました。

時間もおしてしまい、名残惜しい雰囲気の中リフレ富岡へ…
昼食の牛丼を頬張り、選手たちの待ちに待ったプール☆
一時間遊んだ後、帰省ラッシュ時を避けるように東京に向けて出発。
車中では疲れて寝てる選手やビデオ鑑賞する選手。事故渋滞にハマり、飽きてきたところでジャンケンつかみ取り大会開催!!すごい盛り上がりでした☆
9時過ぎに学校到着。
3日間、事故・怪我なく合宿終了。

何よりも監督、コーチたちのおかげで選手たちも楽しく合宿が出来ました。
コーチたちの熱い指導が、今後選手たちの成果に繋がると思います。親もサポートと応援に精出していきたいと思います。本当にありがとうございました。(父母TO)