選手募集中です!

小豆沢エーは、板橋区小豆沢及び近隣の児童が、低学年から高学年まで元気いっぱい楽しく頑張っている学童軟式野球チームです。

<小豆沢エース主な成績(Aクラス)>
2008年度
板橋区城北少年球友会春季大会三位 東京都城北少年野球協会春季大会三位 板橋区軟式野球連盟選抜大会準優勝& 都大会出場 板橋区城北少年球友会秋季大会優勝&ヤクルトスワローズ杯出場 準優勝

2009年度
板橋区軟式野球連盟春季大会三位 板橋区軟式野球連盟選抜大会三位 志村少年軟式野球連盟秋季大会準優勝
板橋区軟式野球連盟年間勝率三位表彰

2010年度
坂上大会優勝 板橋区軟式野球連盟区民大会 ベスト8

2011年度
板橋区親善大会予選 坂上大会優勝
志村少年軟式野球連盟 秋季大会 ベスト8
板橋区少年野球連盟 秋季大会 ベスト8
板橋区軟式野球連盟 区民大会 三位

2012年度
志村少年野球連盟 秋季大会 特別試合会長賞
東京都城北少年野球協会 秋季大会 ベスト8 

2015年度
中台大会 春季大会 準優勝
中台大会 秋季大会 三位
板橋区軟式野球連盟 区民大会 三位
志村少年軟式野球連盟 秋季大会 三位



----選手募集中です!-----

コーチ会事務局までお気軽にメールしてください。

お問い合わせはこちらazusawa.ace@gmail.com






2015年10月28日水曜日

板橋区民大会 四回戦(準々決勝)

平成27年10月25日
小豆沢エース  0 4 1 0 0   5
城山野球クラブ 1 0 0 0 0   1

今季、一勝一敗で迎えた城山野球クラブさんとの三度目の対戦は、板橋区民大会の準々決勝となりました。

先攻で試合開始。二番SNくんがワンアウトから四球を選び出塁。二盗、三盗を決めツーアウト三塁とチャンスを作るも一本が出なく得点に至らず。

その裏、城山さんの先頭バッターはエラーで出塁。二盗と暴投で無死三塁から打者に死球を与え、無死一、三塁のピンチ。次の打者のピッチャーゴロの間に一点先制される。その後は三振とショートゴロでピンチを最少失点でなんとか切り抜ける。

点を取られた直後の二回表の攻撃、一死後にDKくんが四球で出塁すると、キャッチャーの一瞬の捕球ミスを突き二塁へ好走塁。二塁では練習どおりの大きなリードでプレッシャーをかけると、TNくんのショートゴロ悪送球の間に一気にホームへ還って同点。続く打者も四球とワイルドピッチで三点を追加し、この回一挙4点を取得し逆転に成功。

ピッチャーTNくんはその裏の相手攻撃を三者連続三振に押さえて良いリズムを作る。

三回表の攻撃は四球のKTくんが二盗、三盗を決め、DKくん四球で一、三塁からDKくんの二盗を刺そうとしたキャッチャーの送球がセンターに転がる間に三塁走者KTくんがホームイン。貴重な5点目を追加。

城山さんの攻撃は三回、四回、五回ともに三塁までランナーを進められるも、発熱を押して出場のキャッチャーSNくんの好プレー!、絶妙なタイミングのサインプレーで牽制アウトにしたキャプテンKOくん、大事な場面で三塁ゴロ2つをきっちりアウトにしたSHくん達の活躍で二回以降は無得点に押さえ、最後のバッターは空振り三振にとって試合終了。

ピッチャーTNくんは1安打完投。見事勝利してベスト4に進出!

ノーヒットではあったけれど(今後の課題w)、小豆沢エースらしい試合運びと、選手の声、父母の声援によって勝利に結び付けた試合でした。父母のみでなく、応援に駆けつけていただいた多くの皆様にも感謝します。
ひと試合ひと試合、成長を実感しながら更に頑張って行きましょう!!

2015年10月20日火曜日

板橋区民大会 三回戦

平成27年10月18日(日)
桜川ドリームス 0 0 0 1 0 0  1
小豆沢エース  3 0 1 2 1 0  7

約1ヶ月の時間が開いて行われた区民大会三回戦。

先発ピッチャーのTNくんは初回、三者凡退で順調な立ち上がり。

小豆沢エースはその裏の攻撃、先頭打者のSHくんが死球で出塁するとすかさず盗塁を決め、その後一死三塁から三番DTくんがきれいなセンター前タイムリーヒットで先制。続くKTくんも鋭い当たりのセンター前ヒットで一死一三塁。二死となった後、パスボールで1点を加えた後、DKくんのレフト前タイムリーヒットで3点目の追加点。

2回、3回の相手攻撃は四球一つを出すもノーヒットに抑えて安定した投球で無失点。

小豆沢エースは3回裏、ヒットで出塁したKTくんを三塁に置きDKくんがこの日二本目のタイムリーとなるセンター前ヒットで4点目を追加。

4回表、相手先頭打者に3塁打を打たれ犠飛により1点を返されるが、その直後の4回裏、SKくんの内野安打、SHくんの絶妙なバントヒットでノーアウト一三塁からSNくんがしっかりとスクイズを決め5点目。更にSHくんがホーム交錯プレーでキャッチャーのグラブからボールを弾き飛ばし1点を加え6-1とする。

5回裏、TNくんが四球で出塁の後、盗塁と進塁打で二死三塁からSKくんがダメ押しのセンター前タイムリーを放ち7点目を追加。

最終回の相手攻撃も三者凡退に抑え、7-1と勝利してベスト8に進出!

 ピッチャーTNくんは6回を72球1安打(3四球)の完投勝利。SKくんは二塁打を含む猛打賞。チームでは守備でノーエラー(すばらしい!)みんな、日頃の練習の成果を発揮できた良い試合でした。

父母の方々もたくさん応援に来てもらい、大きな声援で背中を押していただきました。
ありがとうございました。