選手募集中です!

小豆沢エーは、板橋区小豆沢及び近隣の児童が、低学年から高学年まで元気いっぱい楽しく頑張っている学童軟式野球チームです。

<小豆沢エース主な成績(Aクラス)>
2008年度
板橋区城北少年球友会春季大会三位 東京都城北少年野球協会春季大会三位 板橋区軟式野球連盟選抜大会準優勝& 都大会出場 板橋区城北少年球友会秋季大会優勝&ヤクルトスワローズ杯出場 準優勝

2009年度
板橋区軟式野球連盟春季大会三位 板橋区軟式野球連盟選抜大会三位 志村少年軟式野球連盟秋季大会準優勝
板橋区軟式野球連盟年間勝率三位表彰

2010年度
坂上大会優勝 板橋区軟式野球連盟区民大会 ベスト8

2011年度
板橋区親善大会予選 坂上大会優勝
志村少年軟式野球連盟 秋季大会 ベスト8
板橋区少年野球連盟 秋季大会 ベスト8
板橋区軟式野球連盟 区民大会 三位

2012年度
志村少年野球連盟 秋季大会 特別試合会長賞
東京都城北少年野球協会 秋季大会 ベスト8 

2015年度
中台大会 春季大会 準優勝
中台大会 秋季大会 三位
板橋区軟式野球連盟 区民大会 三位
志村少年軟式野球連盟 秋季大会 三位



----選手募集中です!-----

コーチ会事務局までお気軽にメールしてください。

お問い合わせはこちらazusawa.ace@gmail.com






2010年7月31日土曜日

練習試合(新人戦)

平成22年7月31日(土) 戸田F面
前野フリーズ 1 6 3 2 6  18
小豆沢エース 0 0 0 0 1  1

8月21日開幕の新人戦に向けて、7月下旬に新人戦チームとしての活動がスタートしました。Aチーム5年生4名、Bチーム5年生6名、同4年生7名の計17名の編成です。
最初の練習試合の相手は、前野フリーズさんです。
先発は5年生N澤君でした。1回は1点におさえたものの、相手チームの強力な打撃に守備のミスが重なり、4回までに12失点。5回に登板したK崎君もその流れを止められず、6失点で計18点奪われました。

攻撃面もAチームの主戦投手として活躍する左腕投手におさえられます。2回にキャプテンN妻君、3回にK野君がヒットを放つも無得点。最終回、4年生A木君のレフトへのクリーンヒットから、送りバント、内野ゴロの間に初得点を挙げました。

大差の試合になりましたが、レベルの高さを経験するよい機会となりました。
前野フリーズさん、ありがとうございました。
新人戦チームはスタートしたばかりです。1日でも長く、このチームで活動できるように、がんばりましょう。(AA)

2010年7月26日月曜日

志村坂上大会(親善大会予選)

平成22年7月24日(土) 小豆沢グランドB面
志村ブラックバードA  1 0 1 0 1  3
小豆沢エースA     1 0 0 0 0  1

志村坂上大会3戦目の相手は志村ブラックバードさんです。
先発は5年生のN澤君。1回表、内外野の守備の乱れやセンターへのヒットで1失点。なお2死満塁のピンチでしたが、ここはサードへのファールフライにうちとり、1失点で切り抜けます。

1回裏、1番Y岡君、2番K石君の連打で、無死2・3塁のチャンス。内野ゴロの間に同点においつき、なおも1死3塁。ここで4番、5番が打ち取られ、同点止まりです。

3回表には、ライトへのヒットに内野の細かいミスで1失点。
4回には、選手の体調不良によりBチームの5年生、S藤君が急遽キャッチャーに起用されます。S藤君は落ち着いて、この大役をこなしました。
5回表も無死から、相手1番打者のセンター前ヒット、盗塁、内野ゴロの間に3点目を奪われます。

最終回となる5回裏、四球などで1死1・2塁のチャンスをむかえますが、後続がたおれて試合終了。1対3の敗戦でした。
志村ブラックバードさんは先発投手のコントロールがよく、守備もまとまっていました。ありがとうございました。また猛暑の中、Bチームのスタッフ・選手、父兄の皆さん、地域住民の皆さん、応援ありがとうございました。

本大会の優勝チームは、城山野球クラブさんで、志村坂上地区の代表となりました。板橋区親善大会での健闘をお祈りいたします。
小豆沢エースは1勝2敗で4チーム中3位。他の3チームも約3ヶ月の間、確実にレベルアップしていました。
これからAチームは、8月の夏合宿を経て、8月中旬から秋の大会が始まります。今大会の課題をふまえて、夏にしっかりと練習をして秋の大会もがんばりましょう。(AA)

2010年7月21日水曜日

志村坂上大会(親善大会予選)

平成22年7月17日(土)小豆沢グランドA面
相生キングスA  0 0 0 0 0 0  0
小豆沢エースA  0 2 0 1 0 ×  3

志村坂上大会2戦目は相生キングスさんです。
先発は5年生のN澤君。本日2試合目の先発です。
1回表ヒットで無死2塁のピンチをキャッチャーY岡君が三盗を阻止し、流れを引き寄せます。

2回裏、T田君のレフトへのヒットなどで無死2・3塁のチャンスに、6番S藤君の2ランスクイズがきまり2点先取。4回裏にも足をからめた攻撃で1点追加。
N澤君は低めへのコントロールがよく、好投を続けます。
加えて、ファーストK石君、セカンドK藤君、ショートT田君、サードA井君の内野陣もしっかり守り、7つの内野ゴロ、3つの内野フライをミスなくさばきました。
結局、6回を無得点におさえ、完封勝利です。

両チームともにミスの少ない、締まった好ゲームでした。
相生キングスさん、ありがとうございました。

猛暑の中、2試合とも暑い応援をいただいた、地域の皆さん、父兄の皆さん、ありがとうございました。次は24日(土)最終戦、志村ブラックバードさんです。(AA)

志村坂上大会(親善大会予選)

平成22年7月17日(土)小豆沢グランドB面
城山野球クラブA  2 0 1 0 5  8
小豆沢エースA   0 0 0 0 0  0

志村坂上大会初戦は城山野球クラブさんです。
城山野球クラブさんとは、今季3度目の対戦です。

先発は5年生のN澤君。1回表は、2本のヒット、四球などで2失点。苦しい展開です。
3回にも2死走者なしからセンターへのヒット、相手四番打者の不運なあたりもあり、1点追加されます。

エースの反撃は4回。1死2・3塁と大きなチャンスをむかえます。しかし、ここで5番、6番が連続三振にたおれ、無得点。
5回はキャプテンT田君が当番するも、ヒット2本に2四球、内野守備の乱れもあり、5失点。
最終回となる5回裏の攻撃は三者三振に倒れ、ゲームセット。
結局ノーヒット、9三振を奪われての敗戦でした。

城山野球クラブさん、ありがとうございました。
城山さんは、左腕エースの見事なピッチングに加え、守備陣もしっかり守り、力の差を感じました。(AA)

2010年7月14日水曜日

練習試合 Bチーム

平成22年7月11日(日)
小豆沢エース  0 3 4 4   11
桐ヶ丘キラーズ 1 7 1 2   11

今日は、桐ヶ丘中で、桐ヶ丘キラーズさんと練習試合です。
エースの先攻でプレーボール!
1回表は振り逃げでランナー1人出ましたが、後続が倒れ無得点。
エースの先発はF岡君、1回裏にヒット、パスボールなどで1点を先攻されてしまいます。
2回表エースはK野君のヒットや四球、送りバント、M川君のツーベースヒットなどで3点をとり逆転! しかし、その裏、F岡君が相手打線に捕まり、四球や上位打線の3連打などで7点をとられ、T岡君に交代します。
2回を終わり8対3と5点差を付けられましたが、今日の子供達は落ち込む事なく気持が入っていました。3回に相手ピッチャーの制球の乱れやK沢君、M川君のタイムリーヒットで4点を返します。 その裏、1点を追加されましたが、4回表も四球やT岡君、N井君のタイムリーヒットやS田君のスクイズなどで4点をとり再度逆転!  その裏、スクイズで同点とされましたが、最後のバッターをピッャーゴロでゲームセット! 引き分けに終わりました。

 今日の子供達は、前日のバッティング練習の成果か、全員振りも良く、ヒットでの得点が多く、バントや走塁など、細かい動きも良かったと思います。
キラーズさんには、こっちの都合で後半慌ただしくなってしまい、大変申し訳ありませんでした。
戸田以外でやった練習試合も久しぶりで、とても新鮮な感じで良い試合でした。また、お相手よろしくお願いします。(KI)

2010年7月7日水曜日

練習試合 Aチーム

平成22年7月3日(土) 戸田C面
三交スワローズA  0 1  4 1 0   6
小豆沢エースA   1 11 2 3 ×   17

志村坂上大会(板橋区親善大会予選)に向けて、練習試合です。
先発は5年生N澤君。1回表は無失点のスタートです。
1回裏はK石君のタイムリーで1点先制。
2回表に同点に追いつかれたその裏、K石君2本、O内君、T田君、S藤君、A馬君、A井君、N澤君
と合計8安打に、4四死球をからめて、11得点。よく打線がつながりました。
3回表はN澤君の投球が真ん中に集まり、相手主軸打線に外野にはこばれるなど4失点。しかし、すぐさま3回裏には2得点。

4回裏は、1番Y岡君のレフト前ヒット、2番K石君が内野安打でつないで、3番O内君のセンター前タイムリー、4番T田の2ランスクイズと理想的な形で、3点追加。
守っては、4回、5回をリリーフしたK石君が、1安打、2三振、1失点におさえて、ゲームセット。

各選手ともよくバットが振れていました。
守りの面でもエラーは少なく、収穫のある練習試合になりました。
三交スワローズさん、ありがとうございました。

4月後半以降、守備面はまとまってきています。攻撃面も、土日の全体練習に加え、各選手の自宅での素振りの成果が出てきて、着実に攻撃力がアップしています。この調子で、がんばっていきましょう。(AA)

練習試合 Bチーム

平成22年7月3日(土) 戸田D面
不動フレンズB  1 1 0 1 1   4
小豆沢エースB  0 1 1 1 0  3

Bチームは不動フレンズさんと練習試合をさせていただきました。
エースの投手陣は、先発がK崎君、リリーフにF君とT君の3人で投げました。4年生のN君が怪我で投げられないため、しばらくはこのような継投が続きそうです。

先発のK崎君は以前に比べてコントロールもだいぶよくなり、得点は与えたものの大崩れすることもなかったです。この試合ではライト線へK君自身初ヒットを打つこともでき、F君と代わって守ったライトでもフライを捕るなど投打にわたり活躍してくれました。
リリーフのF君は交代した3回はテンポのよいピッチングで無得点に抑えましたが、久しぶりのピッチングでの疲れのためか、コントロールが悪くなってきて得点を与えた4回にT君にスイッチしました。

今回の練習試合ではレフトを守ったK野君もフライを2回捕ることができ、課題の外野守備では成果が出たと思います。
しかしバッティングはS君がセンター前にクリーンヒットを打ったものの、なかなか打線がつながらずヒットでの得点はできませんでした。

不動フレンズさんの先発ピッチャーはスピードもあり、いい選手でした。ストライクが先行するとなかなか打てないですが、追い込まれる前に打てるよう練習していきましょう。
不動フレンズさん、ありがとうございました。また練習試合をお願いしますね。(HT)