選手募集中です!

小豆沢エーは、板橋区小豆沢及び近隣の児童が、低学年から高学年まで元気いっぱい楽しく頑張っている学童軟式野球チームです。

<小豆沢エース主な成績(Aクラス)>
2008年度
板橋区城北少年球友会春季大会三位 東京都城北少年野球協会春季大会三位 板橋区軟式野球連盟選抜大会準優勝& 都大会出場 板橋区城北少年球友会秋季大会優勝&ヤクルトスワローズ杯出場 準優勝

2009年度
板橋区軟式野球連盟春季大会三位 板橋区軟式野球連盟選抜大会三位 志村少年軟式野球連盟秋季大会準優勝
板橋区軟式野球連盟年間勝率三位表彰

2010年度
坂上大会優勝 板橋区軟式野球連盟区民大会 ベスト8

2011年度
板橋区親善大会予選 坂上大会優勝
志村少年軟式野球連盟 秋季大会 ベスト8
板橋区少年野球連盟 秋季大会 ベスト8
板橋区軟式野球連盟 区民大会 三位

2012年度
志村少年野球連盟 秋季大会 特別試合会長賞
東京都城北少年野球協会 秋季大会 ベスト8 

2015年度
中台大会 春季大会 準優勝
中台大会 秋季大会 三位
板橋区軟式野球連盟 区民大会 三位
志村少年軟式野球連盟 秋季大会 三位



----選手募集中です!-----

コーチ会事務局までお気軽にメールしてください。

お問い合わせはこちらazusawa.ace@gmail.com






2017年12月10日日曜日

東京都城北少年野球連盟 秋季大会 二回戦 vs 飯塚コンドルス

平成29年12月10日(日)

飯塚コンドルス 0 1 0 0 0   1
小豆沢エース  4 3 0 0 1x  8

初回表の攻撃、センター前にヒット一本を許すが、その後二者を内野ゴロに打ち取り0点に抑える。
その裏、先頭SMくんが相手ミスで出塁し二盗三盗を決める。二番HMくんの内野ゴロが内野安打になり無死一三塁。ここでRAくんが犠打を成功させ一点を先制する。犠打は内野安打となりランナーに残ると二盗し無死二三塁。ここで、TIくんがランナー二人を返すセンターオーバーを放ち3-0。続くKSくんはショートゴロで二塁封殺。KNさんはセンター前へ安打を放つがKSくんが二塁封殺。塁に残ったKNさんが二盗した後、TFくんは四球に。二死一二塁からAKさんの内野ゴロが相手ミスを誘い、二塁走者KNさんが一気に生還し4-0とリードを広げた。

二回に二安打され1点を返されたが、その裏、先頭SMくんが四球を選び出塁すると再び二盗三盗し無死三塁。続くHMくんの内野ゴロの間に三塁走者が還り5-1。更にRAくんが死球で出塁すると、TIくんが今度はセンターオーバーの二点本塁打を放ち7-1と突き放した。

ピッチャーHMくんは落ち着きを取り戻し、三四五回を無安打0点で抑えて好投を見せる。

五回裏、KSくん内野ゴロで一死、KNさん見事な当たりは惜しくもライトゴロで二死となるが、ここからTFくんが相手内野ゴロミスで出塁し二盗。AKさん四球で二死一二塁からダブルスチールを決め二死二三塁とすると、HFくんが三遊間深くへ内野安打を放ち三塁走者を還し8-1とした。これでコールドゲームが成立し試合終了。城北大会も二回戦を突破した。

犠打成功
確実に先制点を奪取
追加点のタイムリー
いい当たりはの先は・・
センターへ弾き返す
三塁を蹴って一気にホームへ
ピンチも好捕で凌ぐ
二盗して!
三盗!!
RAくんも続く
相手を突き放すホームラン
好投するHMくん
代打でナイススイング
今度はライトへ弾き返す
二盗して!
走って走って三盗!!
走者を還し試合を決めた一本
試合終了ーっ

2017年12月3日日曜日

板橋区民大会 五回戦(準決勝) vs 新河岸パワーズ

平成29年12月3日(日)

新河岸パワーズ 0 0 0 1 0 2 0  3
小豆沢エース  0 1 0 0 0 0 0  1

区民大会の準決勝は新河岸パワーズさんとの戦いでした。

初回はお互い三者凡退で無得点。
二回裏、先頭のTIくんがレフト前へライナーで運び出塁。打者KSくんのとき、捕手が走者を刺そうと一塁送球するがボールが逸れて、走者は一気に三塁へ進む。無死三塁からKSくんが期待に応え、見事にライト前へボールを運ぶ。三塁走者が生還し1点を先制する。当たりが良すぎてKSくんはライトゴロで一死。続くKNさんもライナーでセンターへ安打し出塁。HFくんが犠打を成功させ、二死二塁。一打追加点のチャンスだったが一本は続かず追加点は奪えなかった。

三回裏、二死から内野ゴロ送球ミスから始まると、四球、内野安打と流れがエースに来て二死満塁としチャンス到来。打者は1点目をたたき出したKSくん、期待が高まる!2-2の並行カウントから叩いた打球は、、、三塁ゴロとなり残念ながらここも追加点は奪えなかった。

すると四回表、先頭打者を打ち取るが、続く打者にレフトオーバーの本塁打を浴び1-1の同点とされる。
四回裏、一死からHFくんがレフト前安打で出塁する。ここで果敢にエンドランをかけるが、盗塁となり二塁タッチアウトでチャンスを逃す。

五回裏も先頭SMくんがセンター前安打で出塁する。続くHMくんも内野安打で出塁し、無死一二塁のチャンスを作る。ここで初球に犠打のサインだが動けず、続けて犠打を狙うが捕飛となり一死一二塁で動けず。更に次打者の際、捕手からの送球で一塁走者が一瞬の隙を突かれタッチアウト、二死となる。その間に二塁走者SMくんは好走を見せ、三塁に進み二死三塁。一本出れば勝ち越しのチャンスだったが、残念ながら流れが変わりここも追加点を奪えなかった。

すると六回表、内野強襲の打球をグラブによく当て止めたが安打となりランナーを出すと、二盗と進塁打の後、ワイルドピッチで1-2と逆転を許してしまう。更に前打席で本塁打の打者に今度はセンターへ運ばれると二盗三盗の後、捕手からの返球時にホームスチールを決められ1-3と追加点を奪われてしまう。

最終回の七回裏、先頭AKさんが内野安打で出塁しパスボールで進塁。更にNMさんが四球を選び無死一二塁と、あきらめない粘りでチャンスを広げる。打順は先頭に回り一気に士気が高まる!しかし、ここもパワーズさんに踏ん張られ内野ゴロ、三振と打ち取られ二死
一二塁にされると最後の打者も内野ゴロで万事休す。。。1-3で惜敗。

選手たちは何度もチャンスを作り、チャレンジし、決勝への意気込みを見せましたが、あと一歩及ばず悔しい敗戦となりました。力では負けていませんでしたが、勝利への歯車
が少し噛み合わなかったのか。。。

しかしながら、60チームが参加する板橋区区民大会で三位に入る大健闘です。選手たち、区民大会三位!おめでとう。そして、監督、コーチの皆さまおめでとうございます。大きな声援で選手の背中を後押ししてくれた父母の皆さま、おめでとうございます。

まだ他大会があり、今シーズンはまだまだ終わらせません、熱い戦いは続きます。

2017年12月2日土曜日

東京都城北少年野球連盟 秋季大会 一回戦 vs 雑司が谷ヤング

平成29年12月2日(土)

雑司が谷ヤング 0 0 1 0 0   1
小豆沢エース  3 0 2 5 ×  10

初回の相手攻撃を0点で抑え、エースの攻撃。先頭SMくんが四球で出塁し二盗。HMくんの進塁打で一死三塁のチャンスを作ると、RAくんが犠打を成功させ1-0。更にTIくん、KSくん連続四球後にKNさんの内野ゴロで進塁、二死二三塁とチャンスを作るとHFくんのレフト前タイムリーで2-0。更にAKさんのライト前タイムリーで3-0と引き離す。

三回表に1点を返されるがその裏、先頭KSくんが見事な特大レフトオーバー三塁打を放つと、KNさんもジャストミートのライナーをセンターへ運んで4-1とする。一死後、AKさんがショートへの内野安打でチャンスを広げ、続くNMさんが四球を選び満塁にすると、相手バッテリーミスにより5-1と差を広げる。

更に四回には、TIくんの痛烈なレフト前ヒットから始まりKSくんもライナーで続けてレフト前ヒット。その後、後続倒れて二死となるがAKさんがレフトへタイムリーを放ち6-1とすると、NMさんも続きセンターへタイムリーヒットで7-1。更に相手ミスが続き一気に10-1と点差を広げる。

最終回は内野ゴロ二つで二死を奪うと、最後の打者も空振り三振に仕留めゲームセット。この試合も1点を奪われた三回以外は完璧なピッチングで相手打線を抑えたHMくんでした。

城北大会も初戦を危なげなく勝利。勢いに乗って二回戦も突破するぞ!

2017年11月25日土曜日

志村少年軟式野球連盟 秋季大会 二回戦 vs レッドシャークス

平成29年11月25日(土)

レッドシャークス 0 0 0 0 0  0
小豆沢エース   3 1 0 0 3x  7

初回の相手攻撃を三者凡退に抑えると、その裏エースの攻撃、先頭のSMくんが内野安打で出塁、すかさず二盗成功。無死二塁からHMくんのレフト前タイムリーで早々に先制点を奪う。バッテリーミスで三塁に進塁すると、KSくんの内野ゴロに対して続けてミスが出て三塁走者が生還、2-0とする。更にこの回、追加点を奪い3-0と引き離す。

二回裏、先頭打者SMくんが内野ミスで出塁。二盗後、HFくんの進塁打で三塁に進み、RAくんの内野ゴロの間に生還し4-0とする。

三回裏、先頭のKNさんが左中間に大きな当たりを放ち一気に三塁を狙うが、そこは相手中継プレーがうまくつながり残念ながらタッチアウト。二死後、今度はAKさんが特大のレフトオーバー三塁打を放ち二死三塁とする。しかし、ここは後続が倒れ無失点に終わる。

四回は両者無得点に終わり、五回裏のエースの攻撃。先頭打者KSくんが会心のレフトオーバーの三塁打を放つ。その後、バッテリーミスでホームインし5-0。更にKNさんが三塁線を痛烈に破る安打で出塁すると二盗成功させ、無死二塁。続くHFくんも綺麗にセンターへ弾き返し無死一三塁。HFくんが二盗し無死二三塁の後、AKさんの犠打がフィルダースチョイスを呼び野手が三塁へ送球すると悪送球となり走者二人が一気にホームイン、7-0となり、これによりコールドゲームが成立して試合終了!

好投HMくんは五回を49球で毎回奪三振を奪う6奪三振でノーヒットノーランを達成。

危なげない試合運びで志村大会二回戦を突破した。
まだまだ終わらない、今シーズンの熱い戦いを父母の皆さんの更なる応援で盛り上げていきましょう!

試合開始、いくぞーっ!
初回、内野安打
盗塁を成功させると
しっかり走者を還すタイムリーヒット
さらに追加点
左中間へナイスバッティング
レフトオーバーのスリーベース
 負けずとレフトオーバーのスリーベース
激走激走!
センター前へチャンスを広げる
きっちりバント
パーフェクトピッチング
応援ありがとうございましたーっ

2017年11月19日日曜日

中台大会 秋季大会 決勝戦 vs オール中台

平成29年11月19日(日)

小豆沢エース 3 0 0 0 1 0 0  4
オール中台  0 0 0 0 0 0 0  0

春秋連覇を飾り、中台大会優勝!

Aチーム優勝カップとCチーム準優勝カップ

若木小学校グラウンドで行われた中台秋季大会決勝戦にて、オール中台さんに勝利し春秋連覇となる優勝を勝ち取りました。

エースは初回攻撃、一死からHMくんが相手ミスで出塁。続くRAくんの犠打がフィルダースチョイスを誘い一死二三塁のチャンスを作る。すると、TIくんがフルカウントからライトへの2点タイムリー二塁打を放ち先制点を奪う。更に、KSくんもライトへタイムリー二塁打と続き二塁走者が一気にホームインして3-0と初回から畳み掛ける。

ピッチャーHMくんは、エラーで出塁を許すも6回までノーヒットピッチングを披露し、見事に0点を積み重ねます。

5回表には、KSくんがこの日二本目となるライトへの安打で出塁するが後続が三振で一死。続く打者の内野ゴロで二死となりチャンスは潰えたかに見えた。が、塁に残ったHFくんが二盗、三盗と成功させ二死三塁にするとバッテリーミスが出て4-0と追加点を挙げた。

最終回の7回裏、一死から内野安打で初ヒットを許したが、後続二人を連続三振に切って取り試合終了。

ナイスピッチングとワンチャンスを確実にものにした小豆沢エースは、春に続けて中台大会優勝という素晴らしい結果を残しました。

犠打成功
先制のタイムリーツーベース
追加点のタイムリーツーベース
力投を見せるHMくん
三盗を成功させると
走って走って取った追加点
優勝旗授与