選手募集中です!

小豆沢エーは、板橋区小豆沢及び近隣の児童が、低学年から高学年まで元気いっぱい楽しく頑張っている学童軟式野球チームです。

<小豆沢エース主な成績(Aクラス)>
2008年度
板橋区城北少年球友会春季大会三位 東京都城北少年野球協会春季大会三位 板橋区軟式野球連盟選抜大会準優勝& 都大会出場 板橋区城北少年球友会秋季大会優勝&ヤクルトスワローズ杯出場 準優勝

2009年度
板橋区軟式野球連盟春季大会三位 板橋区軟式野球連盟選抜大会三位 志村少年軟式野球連盟秋季大会準優勝
板橋区軟式野球連盟年間勝率三位表彰

2010年度
坂上大会優勝 板橋区軟式野球連盟区民大会 ベスト8

2011年度
板橋区親善大会予選 坂上大会優勝
志村少年軟式野球連盟 秋季大会 ベスト8
板橋区少年野球連盟 秋季大会 ベスト8
板橋区軟式野球連盟 区民大会 三位

2012年度
志村少年野球連盟 秋季大会 特別試合会長賞
東京都城北少年野球協会 秋季大会 ベスト8 

2015年度
中台大会 春季大会 準優勝
中台大会 秋季大会 三位
板橋区軟式野球連盟 区民大会 三位
志村少年軟式野球連盟 秋季大会 三位



----選手募集中です!-----

コーチ会事務局までお気軽にメールしてください。

お問い合わせはこちらazusawa.ace@gmail.com






2017年4月16日日曜日

練習試合 vs板橋フェニックス

平成29年4月16日(日)

■一試合目
板橋フェニックス  2 2 0   4
小豆沢エース    3 5 3  11

■二試合目
小豆沢エース    0 0 4   4
板橋フェニックス 11 0 ×  11

一試合目の初回、エラーと四球でランナーを溜めてしまい、ヒットと内野ゴロの間に2点を失う。
その裏、ランナー二人を置いてTIくんのセンターオーバーの二塁打で1点を返すと、更にKNさんの右中間への大きな当たりでランナー二人を返し3-2と逆転する。
二回表に2点を奪われ3-4と逆転されるも、すぐさま二回裏にAKさんのセンター前ヒットとSMくんの野選で二死ながら二、三塁のチャンスを作るとHMくんのタイムリーヒットで5-4と再逆転。更にランナーを溜めたところで、KSくんの見事なライトオーバーの二塁打で2点を追加し7-4と突き放す。更に押し出しもあり8-4と差を広げた。
三回裏にもHFくんのダメ押しタイムリー、四球と相手ミスもあり3点を追加。11-4と勝利した。

午前中は青空の下、人工芝の四小で練習
午後は小豆沢グラウンドへ移動して練習試合
よろしくおねがいしまーっす!
初回、苦しい立ち上がりも・・・
反撃の口火となるタイムリーツーベース
セカンドからサードを蹴ってホームへ
二人を返す逆転のタイムリーヒット
走れーっ!
走れーっ!走れーっ!!
相手攻撃を止めたナイスキャッチ
再逆転のタイムリーヒットを放つHMくん
ランナー二人が一気にホームイン
点差を広げるKSくんライトオーバーのツーベース


二試合目は、初回、ミスが続くと連鎖反応か二死からあと一つのアウトが取れず打者二順し、アンラッキーもあり11失点。
しかし、攻撃面では三回表、点差はあるものの諦めない姿勢攻撃は見事だった。SMくん、AIさん、HMくんの連続3安打とHFくんも続き、合計4点を返す粘りを見せた。結果は4-11で敗戦したが、最後に得点した反撃は落ち込みそうな雰囲気を払拭し次につながる良い練習となった。

俊足を生かす代走
代打も強い打球を放ちきっちり出塁

2017年4月15日土曜日

紅白戦 Bチームも元気です

平成29年4月15日(土)

今日は紅白戦を行いました。
6年生チーム vs Bチーム(5年生以下)で戦いました。

試合はシーソーゲームで最終回までもつれて、時間いっぱいまで接戦でした。最後は6年生チームのKNさんがセンター前タイムリーヒットを放ちサヨナラ勝ちを収めました。

今回は、6年生相手に接戦したBチーム選手の活躍写真です。

プレイボール!


2017年4月8日土曜日

東京都城北少年野球連盟 春季大会 二回戦 vsリトルフィッシュ

平成29年4月8日(土)
小豆沢エース   0 1 0 0 0 0 0  1
リトルフィッシュ 1 0 0 2 0 1 ×  4

城北大会二回戦。相手は足立区のリトルフィッシュさんです。

相手好投手に阻まれ初回は三連続三振で三者凡退に。。。
エースの先発TIくんも、一回裏にソロ本塁打を打たれるが全般にストライク先行の好投を見せグッドゲームとなった。

二回表、TFくんが四球を選ぶと続くHFくんがライトオーバーの三塁打を放ち1-1の同点に追いつく! 一死三塁のチャンスが続き、ここで逆転を狙うが後続は連続三振に倒れ同点止まり。

三回以降、なかなか出塁することが出来ず得点が奪えない。

四回裏の相手攻撃、エラーのランナー二人を二つのワイルドピッチで得点を許して1-3となる。ここまで好投していただけに、、、悔いの残る得点だった。

その後、六回にも1点を与え1-4となるが、エースは得点を奪えずそのまま試合終了となり、城北春季大会は二回戦敗退となった。

試合開始
円陣を組み気合を入れる選手たち
好調な立ち上がりを見せる
二回表、同点に追いつく
この日、唯一のヒットとなったタイムリースリーベース
健闘するも・・・
五回からリリーフ