選手募集中です!

小豆沢エーは、板橋区小豆沢及び近隣の児童が、低学年から高学年まで元気いっぱい楽しく頑張っている学童軟式野球チームです。

<小豆沢エース主な成績(Aクラス)>
2008年度
板橋区城北少年球友会春季大会三位 東京都城北少年野球協会春季大会三位 板橋区軟式野球連盟選抜大会準優勝& 都大会出場 板橋区城北少年球友会秋季大会優勝&ヤクルトスワローズ杯出場 準優勝

2009年度
板橋区軟式野球連盟春季大会三位 板橋区軟式野球連盟選抜大会三位 志村少年軟式野球連盟秋季大会準優勝
板橋区軟式野球連盟年間勝率三位表彰

2010年度
坂上大会優勝 板橋区軟式野球連盟区民大会 ベスト8

2011年度
板橋区親善大会予選 坂上大会優勝
志村少年軟式野球連盟 秋季大会 ベスト8
板橋区少年野球連盟 秋季大会 ベスト8
板橋区軟式野球連盟 区民大会 三位

2012年度
志村少年野球連盟 秋季大会 特別試合会長賞
東京都城北少年野球協会 秋季大会 ベスト8 

2015年度
中台大会 春季大会 準優勝
中台大会 秋季大会 三位
板橋区軟式野球連盟 区民大会 三位
志村少年軟式野球連盟 秋季大会 三位



----選手募集中です!-----

コーチ会事務局までお気軽にメールしてください。

お問い合わせはこちらazusawa.ace@gmail.com






2010年5月17日月曜日

志村少年軟式野球連盟 春季大会2回戦(Aチーム)

平成22年5月15日(土) 戸田B面
オール中台A   0 1 0 0 2  3
小豆沢エースA  2 0 2 2 ×  6

志村大会2回戦はオール中台さんです。
先発はエースT田君。

初回は2三振を含む三者凡退で好調なすべりだしです。
1回裏には四球と足をからめた攻撃で、2点先取。
2回は内野のミスが2つ出て1失点。流れがかわるところを、キャッチャーY岡君が二盗を阻止し、最小失点でおさえます。 好調なT田君は3回も2三振を含む三者凡退におさえます。

3回裏に1回同様、四球や相手のバッテリーミスで2点追加。
4回表、四球でランナーを出し、盗塁などで無死3塁のピンチ。ここで、セカンドK藤君、センターO内君へのフライにうちとり、最後はレフトA馬君が痛烈なライナーをファインプレーでおさえ、ピンチを無失点できりぬけます。
4回裏には、1番Y岡君のレフト前へのクリーンヒットや、3番O内君のセンターへの犠牲フライで2点加えて突き放します。

最終回は2死1・2塁の場面で、リリーフエースN澤君が登板。 その後内野のみだれなどで6対3となり、ヒヤッとする場面もありましたが、最後はショートにはいったT田君へのゴロで試合終了。
オール中台さん、ありがとうございました。

今日は9時からの試合に備え、朝6時半に四小に集合。戸田球場へ一番乗りして試合への準備をした成果が出ました。 志村大会3回戦は城山野球クラブさんです。しっかりと準備して、がんばりましょう。(AA)

2010年5月10日月曜日

志村少年軟式野球連盟 春季大会1回戦(Bチーム)

平成22年5月9日(日) 戸田E面

前野ファイターズB  0 7 1  8
小豆沢エースB    0 4 2  6

2010年5月9日日曜日

志村少年軟式野球連盟 春季大会1回戦(Cチーム)

平成22年5月5日(水) 戸田C面

小豆沢エースC   2 0 3   5
大山キングスC   11 1 ×  12

志村連盟1回戦はエース先攻でプレイボールとなりました。
1回表は2番S君が四球を選び盗塁で3塁へ。そして3番O君がセンターオーバーの3塁打を放ち、まず1点。二死後、5番K君のセンター前ヒットで追加点、2点を先取しました。

1回裏、エースはO君、K君のバッテリー。
ヒット・連続四球・盗塁・エラーも重なり、いきなり11失点の厳しい立ち上がりとなりました。

2回表のエースの攻撃は快音もなく三者凡退。
2回裏からピッチャーはA君に交代。A君は公式戦初登板ですが、緊張から先頭バッターに四球、次の打者にヒットを打たれ1点を取られます。しかし、その後は落ち着きを取り戻し、後続を抑えるナイスピッチングでした。

3回裏のエースの反撃。1番S君内野安打、2番S君センター前ヒット、3番O君ライト前ヒットと打線がつながり得点を重ねますが、後続が3者連続三振。あきらめずに粘りを見せましたが時間切れでゲームセットとなりました。

今日の試合はこちらの隙を見逃さず、盗塁以外のタイミングで走る「ディレードスチール」を数多く決められ、かきまわされて失った点が多く、相手は試合運びがとても上手なチームでした。
全員が1球ごとに集中することや声の連係など、これから取り組まなければならない課題がまだまだ沢山あることに気付かされた試合でした。

最後まで応援ありがとうございました。(AS)

2010年5月6日木曜日

志村少年軟式野球連盟 春季大会1回戦(Aチーム)

平成22年5月5日(祝) 戸田C面
ジュニアホークスA  1 2 0 0 0  3
小豆沢エースA    2 0 1 3 ×  6

春季最後の大会は志村大会です。朝8時半から開会式があり、午後1時半すぎ今季一番の暑さの中、ジュニアホークスさんと試合が始まりました。

先発はエースT田君。初回、無死からタイムリーで先制されるも、
キャッチャーY岡君が三盗を阻止、O内君がセンターへのライナーをきっちりおさえ、不安な立ち上がりの流れを断ち切りました。

1回裏、1番Y岡君のライトへのヒット、バッテリーエラーなどですぐさま逆転。しかし、2回表に内野の乱れや、レフト線へのタイムリーヒットで、逆転を許します。

3回表はK藤君が、2者続けての高いセカンドフライを、落ち着いて処理し、初めての無失点。エースT田君も調子をあげていきます。

3回裏に、2番K石君のセンターへのランニングホームランで同点。
4回裏に5番Y中君、7番S藤君のそれぞれサードへの内野安打などで、3点とり、再逆転し突き放します。

最終回、A井君が2つのサードゴロを落ち着いてさばき、最後は強いライトへのあたりをS藤君がライトゴロでアウトにしてゲームセット。
T田君の完投勝利です。これで公式戦は3連敗のあと4連勝!

ジュニアホークスさんの各打者はエースよりもスイングが鋭く、見習う点も多かったです。ありがとうございました。

この試合は、Cチームの選手、監督・コーチ、父母の皆さんにもCチームの試合のあと、最後まで残っていただき、応援していただきました。
暑い中、本当にありがとうございました。

次の相手はオール中台さんです。しっかり練習して、がんばりましょう。(AA)

A・Bチーム 合同レクリエーション

GWも終盤の5月4日、戸田9面でA・Bチームの合同レクリエーションを行いました。
日頃エースの選手を応援いただいている父母の方々も、今日の主役は自分たちとばかりに、鋭いスイングやナイスキャッチで観客を沸かせてくれました。

でも、ケガもなくて本当によかったです^^
楽しい1日、ありがとうございました!(HT)

2010年5月4日火曜日

優勝!優勝!準優勝!!

2日間に渡り行われた志村坂上大会も、4月29日に閉会しました。
我ら小豆沢エースは、Aチームが3勝0敗で優勝!Bチームが2勝0敗で優勝!Cチームが1勝1敗で準優勝という好成績を収めることができました。

A・Bチームが同時に優勝したのは4年ぶりです。
みんな頑張ったね!おめでとう。(HT)

志村坂上大会(Aチーム)

平成22年4月29日(祝) 小豆沢グランドA面
志村坂上大会                     

第1試合
志村ブラックバードA 0 0 2 2 1 0  5
小豆沢エースA    2 0 1 4 1 ×  8
志村坂上大会初戦は志村ブラックバードさんです。

先発はエースT田君。1回、2回とテンポよく無失点。
初回の攻撃は、2番K石君のセンターオーバーの3塁打、4番T田君の2塁打などで2得点。

3回は2つの四球と不運なあたりで同点に追いつかれるも、すぐさま、またK石君のセンターオーバーのホームラン(記録は3塁打)で1得点。
4回表には2つに四球とタイムリーを打たれ、逆転されます。

しかし、今日のエースは打線が好調でした。4回裏はエースの集中打。8番K藤君、9番A馬君など、5安打を集中させて、4得点で突き放します。

5回に1点ずつとりあい、3点リードでむかえた最終回、無死1・2塁のピンチで、5年生N澤君にスイッチ。セカンドゴロ、三振、ショートゴロと見事なリリーフでした。

公式戦3連敗を止め、今までの悪い流れを変える、価値ある1勝でした。(AA)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成22年4月29日(祝) 小豆沢グランドA面
志村坂上大会                     

第2試合
小豆沢エースA 4 0 1 0 0 0  5
相生キングスA 0 0 1 2 1 0  4
志村坂上大会2試合目は相生キングスさんです。

初回の攻撃は、2番K石君、4番T田君のそれぞれ2塁打などで、4点先制。
先発は左のエースK石君。1回、2回と無得点におさえます。守備についても、ショートF井君、サードA井君、ライトS藤君など、随所に好プレーがありました。

しかし、3回に1点返され、4回は内野の連携ミスなどで、2点献上。
攻撃面も4回以降、相手投手の緩急をつけた投球に対し、なかなか追加点を奪えません。

そして5回裏、1死から1点取られ、ついに1点差。
ここで第1戦に続いてN澤君がリリーフ。いやな流れを断ち切るピッチングで、その後打者5人をおさえるパーフェクトリリーフでそのまま試合終了。
両チームにミスの少ない、好ゲームでした。
次はいよいよ、決勝戦です。(AA)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成22年5月1日(土) 小豆沢グランドA面
志村坂上大会                     

城山野球クラブA 3 0 0 0 0 0  3
小豆沢エースA  1 0 1 1 1 ×  4

志村坂上大会決勝戦は城山野球クラブさんが相手です。
リーグ戦2勝同士、勝ったチームが優勝という試合でした。

先発はエースT田君。初回、守備陣が集中する前に、あっという間に得点されます。
内野のまずい守備やタイムリー、スクイズにより、3失点。リードを奪われます。

城山さんの先発は快速左腕投手でした。
リードされる苦しい展開の中、1回、3回と1番Y岡君の俊足をからめた攻撃で、着実に得点します。

守りも2回から4回はT田君がみごとな投球。守備もよく守り、3者凡退が続きます。
むかえた4回裏、7番F井君がスクイズを決めて同点。
城山さんの好投手の前に、なかなかヒットが出ない展開でしたが、5回裏、2死から
3番O内君、4番T田君の連打でついに逆転。

最終回の6回は1死1塁、相手は4番打者の場面でN澤君が3試合連続のリリーフ。
きっちりしめて勝利。見事優勝を飾りました。

3試合とも僅差の接戦を戦い抜くことができました。この大会を通じて、チームも成長することができたと思います。城山野球クラブさん、相生キングスさん、志村ブラックバードさん、ありがとうございました。

また、チームスタッフのみなさん、Bチーム、Cチームの選手、父母の方々、また地域の方々の心強い応援、本当にありがとうございました。

この優勝をはげみに、またがんばっていきましょう。(AA)